バイク売却相場のイメージ画像

バイク王の口コミ情報

バイク王の評判は、バイクに詳しい査定員が高値で買ってくれて良かったという満足度の高い口コミがあるかと思えば、非常に対応が悪かった、という評判まで良し悪しの幅が大きいです。
これは、取り扱っているバイクの買取り数が他のバイク買取業者に比べてとても多いので、中には悪い評判も出てきて目立ってくるということではないかと考えられるからです。

もう一つ注意していただきたいのは、バイク王の悪評を書かれている時期についてです。
書き込まれた口コミや評判は比較的古い時期のものが多いのです。

これらの口コミはどれもバイク王の査定員に対して感じたユーザーの素直な感想ですから本当のことだと思いますが、バイク査定員は買取りのプロですから買取たいという気持ちが強い結果としてこういった不快な印象を与えたのではないでしょうか。


バイク王の特徴・良い点

バイク王の一番の特徴は、しっかり価格交渉しないとダメだということです。
つまり、買取り価格の交渉しだいで最初の査定価格よりも高値で売ることできる可能性が高いということです。

そして2番めの特徴が、日本全国に対応してくれるのはバイク王だということです。

取り扱いバイクの量が多いので、1台で多少高めの買取りをしても(つまり損をしても)、他のバイクの買取りでプラスが出ていれば全体としてはマイナスにはならない、という強者の論理が成り立っているようです。

バイク王の注意点

提示された査定価格に対して上手に価格交渉をすると高く売れる、ということは、逆にいうと、査定員と駆け引きして強気で交渉するのが苦手な人や、少しでも自分のバイクを高く売るために交渉するのは面倒だなと思う人には向かないかもしれません。

バイク査定の様子を見てみましょう。

バイクを見に来る査定スタッフは、一日にたくさんのバイクを査定して買い取っているわけですから、査定のときに行う作業はほぼ決まっています。
最初にバイクの書類を確認して車体番号との照合をした後、走行距離の確認やエンジンのかかり具合、サスペンション、サビの状態などを60項目ほどをチェックしていきます。そしてバイクの写真を撮ってチェクシートの情報と一緒に本部に送信するのです。
そして、本部で専門の担当者が送られてきた情報をもとにして適正な査定額を決めて、現場の査定スタッフに伝えるという流れです。ここまでで約1時間ほどかかると思っておいてください。

さて、そのとき提示された査定額に納得すればそのまま買取ってもらえば現金で売買成立です。納得行かなかった場合は、査定スタッフと価格交渉するようになるのですが、実は査定員には買い取り額を大きく上げたり下げたりする権限はないのです。
その場で査定スタッフとあれこれやりとりしても話しは進みません。

価格交渉するときは、まずこちらの希望買取価格を伝えましょう。そして本部の担当者(マネージャークラスの上位者)と電話で相談してもらうくらいまでしっかり交渉しないとダメです。

本部のマネージャーはその日一日のお店全体の買取状況を把握していますから、最初に提示した査定価格に相手が納得すれば儲けものだし、価格交渉してくるようなら他に買い取ったバイクとのプラスマイナスを計算して、限界の上限価格を提示してくれるわけです。

「バイク王では上手に価格交渉しないとダメだ」ということは、しっかり覚えておいてください。

このページの先頭へ